東西文化研究ノート

東西文化の融和体得者を育成せんことを建学精神とする両洋学園の創立者・中根正親先生の「両洋精神」と、国民教育の友とならんと「社団法人実践人の家」を創始された教育哲学者・森信三先生の「全一学」に魅せられて、「東西文化の融合は大和民族の世界史的使命である!」というテーマに的を絞って東西両洋文化の研究をしている管理人のブログです。
<< 東西文化融合の旗手たち(一)新井奥邃−明治維新が生んだ、キリストの志願奴隷戦士−(3) | main | 東西文化融合の旗手たち(二)キャノン・ゴードン 中山吾一−両洋に架ける橋− >>
東西文化融合の旗手たち(一)新井奥邃−明治維新が生んだ、キリストの志願奴隷戦士−(4)
0

    大徳は跡なし。跡なきに非ず。其の行くや静かにして凡人の眼に隠る。譬へば淵川の能く庶物を潤ほして氾濫するなきが如し。謙道を厭はず。故に隠路を通じて遺(のこ)さず。世人の其の路を見ざる所以なり。(『奥邃広録』)

     

    4、新井奥邃の祈りと東西文化の融合
    新井奥邃のキリスト教理解が、どのようなものであったのかは、奥邃の「信感」(文章)と奥邃の日々の実践を見れば明らかだ。奥邃は自らキリストの志願奴隷たらんと日夜「祈り」と「実践」に余念がなかった。そのことを如実に示す逸話がある。「謙和舎」に空き間が有るにもかかわらず、親しい人から青年の入居をいかに頼まれても、奥邃は「この上、藁一本でも負はされる事は堪えられません。」と言って、新たな入居を断ったというのである。
     

    弟子の永島忠重は、このことについて「実に先生は晩年に至り、多年の間人知れず負担せる内外の重荷の為めに、身心ともに困憊して了われたのである。併し其れでも能く忍耐に忍耐して、霊的激戦を遁れようともせず、皆自分が神に於て当然負うべき十字架と覚悟して。最後に至るまでも能くも倦まずして奮闘をし続けられた。其の不屈不撓の勇猛心に至っては讃嘆するに余りある者であった。」(『新井奥邃先生』永島忠重)と述べている。

    次に、奥邃のキリスト教理解を如実に示す「信感」を紹介しよう。
     

    「キリストを信ずるは」
    蓋し予の基督を信ずるは、人に由りて信ずるに非ず、直に基督の信によりて基督を信ずる者なり。故に予の基督の復活を信ずるは是れ実に基督に由りて之を信ずるなり。パウロの伝ふる所のもの、予亦之を聞くと雖も、然れども予は必ずしもパウロに由りて基督の復活を信ずる者にあらざるなり。拠るところあり。別に有り。神の微言基督に在りて離れざる者、我が為に之を証す、予のキリストを信ずるは、即ち耶蘇基督に由りて之を信ずるなり。予は我が程度に於て基督の信を我が霊体に受け、既に之を受けて之を存養し、而して其の存養の度に従って又之を兄弟の能く受くる者に伝ふ。

     

    この奥邃の「信感」を見れば、奥邃のキリスト理解の度がいかなるものかは明白で、この辺りの消息は、留学僧「空海」や「道元」らに匹敵するものではないかと思う。
     

    新井奥邃は、アメリカはハリスの門下に学ぶうち、その目標の純粋性ゆえに、ついにキリストの信に到達して「見性」し、以来三十年の長きに亘って研鑽を重ね、機の熟すとみるや心に一大使命を抱いて帰朝したのである。而して帰朝せる奥邃の主眼としたものは、徹底したキリスト者としての雄々しき生涯を貫き通すことであり、欲を去り己を虚しくして、ひたすらキリストに従うこと(有神無我)であったのである。
     

    この新井奥邃の気高き生涯によって、明治維新に到るまでの日本文化(神・儒・仏)、即ち「東洋文化」(アジア文化の吹き溜まり)と、西洋文化とが、見事に十文字にクロスされて「東西文化の融合」がなされているのである。
     

    この見事なる融合は、新井奥邃が若くして漢学を学び、かなりの水準に達していたことと無縁ではない。異なる文化の融合には、自己の主体性が不可欠であるからである。
     

    最後に、新井奥邃の祈祷文を掲げてこの節を終わりたい。
     

    新井奥邃の祈り
    鳴呼、至高、至慈、至聖の父母上よ。我の人を赦す如く、願わくは、爾(なんじ)の大赦を行わるるが如く、我等をして亦能く大赦を行うことを得せしめ給え。
    鳴呼、願わくは、爾(なんじ)の内裏天国我等の中に充実し、、爾が御旨を内外に合わせて、我等の間に完成し、斯く宇宙の同胞をして、皆主の神に於て、大宇宙に完からしめさせられんことを祈り奉る。 アーメン


    【参考資料】
    知られざるいのちの思想家―新井奥邃を読みとく


    新井奥邃先生略伝(永島忠重)
    新井奥邃―公快共楽の栄郷を志向した越境者 (公共する人間 5)


    新井奥邃の思想 (1984年) (新井奥邃の人と思想〈1〉)


    内観祈祷録・奥邃先生の面影 (1984年) (新井奥邃の人と思想〈2〉)

    | 新井奥邃 | 13:48 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    • 東西文化融合の旗手たち(一)新井奥邃−明治維新が生んだ、キリストの志願奴隷戦士−(1)
      kozukata (11/30)
    • ブログ創刊の辞
      JUN ARAI (11/30)
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE